大人ニキビって体質が大きな要因になっている?

ニキビ対策として、肌を清潔にすること、肌を乾燥させないこと、肌に負担をかけないよう刺激を与えないように注意すること、ビタミン剤を飲むことなど日頃から気を付けているつもりではありますが、
防ぎきれないのが現実です。

大事な日の前にできたり・・できてほしくないところ、たとえば目と目の間や、鼻の下、口回りなど、顔の中心部にできたりと、本当に厄介です。
潰したつもりはないのに、治っても後に残ってしまったりもするし・・できない人はできないから体質も大きく影響しているのかもしれません。

女性の場合は、生理前や生理中は肌のコンディションが下がります。
全体的にお肌の調子が悪くなるとき、当然のようにニキビも現れます。

女性の体を支配する女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。   生理が終わると次の排卵に向けてエストロゲンの分泌が高まり、排卵が終わると生理までの約2週間はプロゲステロンの分泌が優位な状態になります。このホルモンバランスの変化によって女性の体は様々な影響を受けます。生理前になると、多くの女の人がなんらかの形で症状が出ることが多いと思いますがニキビもその中の一つでしょう。   生理が始まると、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが交互に作用しますが、このうち排卵後から月経までの約2週間に分泌されるプロゲステロンには、男性ホルモンとよく似た作用がありますそのため生理前2週間の黄体期には、プロゲステロンの分泌が増え、肌が脂っぽくなります。女性でも卵巣と副腎皮質から、ある程度の男性ホルモンが分泌されています。   生理が始まる前には、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンの分泌が枯渇してしまいます。そのため一定量分泌される男性ホルモンの分泌が優位な状態になります。   生理前に精神的にイライラしたり、男性的になったり、いろいろな症状がでるのはこのためです。生理前には男性ホルモンが優位な状態になるため、皮脂分泌が多くなり、ニキビができやすくなります。
出典:生理とホルモンバランス

ニキビの悩みは永遠の課題ですね。
どんなにきれいにお化粧したつもりでも、可愛いお洋服を着ても、ニキビひとつでそこに注目されてしまうので、最小限で抑えられるようこれからも日々努力は怠らないよう暮らしていきたいと思います。

増えて減らないニキビ

高校時代に部活動に熱心に取り組んでいた為、年中汗をかくような状況でした。
高校生ながら『肌を清潔にしないとニキビができる』という知識は持ち合わせていたので家に帰ってお風呂に入り、そのままにしないと心がけていました。

しかし、部活中から終了まで、はたまた家に帰るまでも時間がある為、【汚れたらすぐにきれいにする】ということは難しかったので、胸や肩にかけて赤いポツポツとしたものが出てくるようになりました。

そのポツポツは次第に大きくなり、目立つニキビまで成長しましたが、服を着れば目立たず、高校の時はあまりスキンケアに関心がなかった為にケアは一切せず、「いつかは治る」と根拠の無い自信を持って過ごしていました。

もちろんその自信はその後崩れ去ります。
部分部分は治るのですが、それに負けずに新たに赤いポツポツは増え、大きくなり、自分の体を鏡で見るのが怖くなるほどでした。

私は体質的なものもありニキビの数個がケロイドにまで成長してしまい、現在も悩まされています。

ニキビの原因

皮脂が毛穴に詰まって、押すと黄白色の脂肪のかたまりが出てきます。
あとを、そのままにしておくと毛穴が高くなり、その周囲がしだいに赤らんできて化膿して、これが破れると噴火口に似たくぼみができ、跡が残るといった経過をたどります。

ニキビはホルモンの不調、皮脂腺の分泌過多、胃腸や肝臓の障害、便秘、酸性食品のとりすぎによる栄養の代謝が順調にすすまないときにできます。

ホルモンのバランスをとるビタミンE、糖質の代謝になくてはならないビタミンB群、体液をアルカリ性に保つビタミンC、皮膚の過敏症を防ぐカルシウムを十分にとることが先決です。

白砂糖を使った甘いもの、餅やもち米などの酸性の強いデンプン質、あぶらっこい肉やバター、刺激の強いコーヒー、ナッツ類、野菜でもあくの強いタケノコ、サトイモなどは確実にニキビを悪化させます。

寒天は排泄をうながす効果があるので、便秘からくるニキビに効果があります。ハチ蜜で調味した蜜豆などでとってください。

ニキビとホクロの関係

私は昔からストレスがたまると、ニキビを潰すクセがあります。
本当はいけない事だとわかってはいるのだけれど、イライラするとつい潰してしまうのです。

何だか、ちょっとスッキリする気がするのです。。
もともとあまりニキビができない体質だったので、潰す事をあまり気にしていないというのもありました。

しかし、中学生の頃まではまだ良かったのです。。。

だんだん気が付くと、ホクロが増えてきました。
「あれ?日に焼けたのかな?」くらいに最初は思って、たいして気にしておりませんでした。そして相変わらずニキビができると、プチッと。。

しかしそんな事が何回か続き、ある時よくよく考えてみるとそのホクロの場所にはニキビがあったはず。。。

そうです。。潰したニキビの痕はホクロになってしまってたのです!!

気が付いた時にはホクロが沢山。。(涙)
今では絶対ニキビを潰しませんが、どうやってもホクロは消えません。。

後悔してももう遅い。。
これはニキビの復讐なのかしら、とさえ思うのです。。。

私的ニキビ対策あれこれ

お肌きれいだねーって言ってもらえる事はちょくちょくあるのですが、
生理前~生理中になると必ずおでこや頬にニキビが出来るのが
すごくイラッとします…。

生理前っていうと、ホルモンバランスが崩れてしまう時期なので
出来ちゃったら出来ちゃったで仕方ないのかなあなんて思うのですが
それでも鏡を見てると気になって触ってしまうこともしばしば。
生理前はどうしても1か所、2か所ほど出来てしまうので
出来た時には「あ、そろそろそんな時期か!」とある意味目安にって便利なのですが…
やっぱり肌はきれいに保っていたいので、あんまり出来ないでほしいのが本音です。

そんなわけでニキビ肌を少しでも改善したいと色々自分なりにしらべて、ニキビを少しでも減らすためケアに力を入れるようにしています。
洗顔をアクネケアのものにしたり、
洗顔のすすぎをぬるめのお湯でしっかりすすいで冷水で引き締めしたり。
けれどあまり洗い過ぎない方がいいという事なので、しょっちゅう洗ったりはしていません。

勿論化粧水等はニキビケア用なのですが、
ファンデーションなどもニキビ肌に優しい薬用のものに変えました。
ビタミンCとかもなるべくサプリなどで摂るようにしています。

生活習慣に関してもお水や白湯をなるべくたくさん飲んで、飲んだ分出すとか
毎日肌が触れるまくらやメイク用品もこまめに洗ってきれいな状態を保つようにしています。
私は主に頬にちょこちょこ出来る事が多くて、頬に出来るニキビは便秘&甘いものや脂質のとりすぎのサインだということを知ったので
なるべく便秘にならないように心掛け、甘いものも大好きでたくさん食べてたけれど最近は減らすようにしてました。

おかげで最近はニキビが出来にくくなったし、出来ても治りが早くなったような気がします…!
体質にもよるかもしれないけれど、あんまりモノに頼るよりも自分の生活習慣とかを見直した方がずっと改善への近道に繋がるのかなあと感じています。
肌をなるべく清潔に保つこと、老廃物をしっかり排出することを心掛けていたら大分出来る頻度も減ってきたので
これからもしっかりケアを続けて、つるんつるんのお肌でいられるように努力をしていこうと思います。
美容は自分を裏切らないですからね…!笑
綺麗なママでいられるようにしっかりやっていきます。

ストレスからくる大人ニキビにご注意を!

やっぱり、女性にとって、ニキビはやっかいな存在です。
ニキビがお肌にあるだけで、テンションはガタ落ちになります。特にストレスからくる大人ニキビには注意が必要です。
ストレスからくる大人ニキビは、大きくなりやすいんです。そして、治りづらい。ニキビ跡も残りやすいので、本当にやっかいなのです。

私も、大人ニキビに悩む女性の一人です。今まで、ずっと大人ニキビに悩まされてきました。
ストレス発散が上手く出来ないタイプなので、どんどんニキビが悪化してしまうのです。皮膚科に行ってお薬をもらっても、やっぱり根本的には解決しません。本当に心と体の状態は、繋がっているのだなと実感しています。

大人ニキビを甘くみると、痛い目にあいます。以前、とても大きな大人ニキビが出来たのですが、そのままほうっておいたのです。
そうしたら、アザのようなニキビ跡が残ってしまったのです。その跡は、今でも残っています。
やっぱり、大人ニキビを良くするには、体質改善も必要になってくるなと思いました。

過剰な洗顔はニキビを悪化させる

大人ニキビの原因は乾燥です。
乾燥するとターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積します。たまった角質で毛穴の出口がふさがれて、毛穴内部に皮脂がたまってニキビになります。ニキビを治すには乾燥対策が大切です。

ニキビができると皮脂を落とそうと一生懸命に洗顔をする方がいます。しかし、過剰な洗顔はニキビを悪化させる原因です。

洗顔には余分な皮脂やメイク汚れを落とす働きがありますが、肌に必要な保湿成分も一緒に洗い流してしまいます。過剰に洗顔をすると肌に存在する保湿成分が流されて乾燥がひどくなります。
その結果、毛穴つまりを起こしてニキビになります。
ニキビを防ぐには、まず洗顔を見直すことが大切です。

朝は寝ている間に出た皮脂の汚れだけです。皮脂汚れはぬるま湯で落とせるので、朝はぬるま湯洗顔にします。寝ている間に回復した潤い成分を守ります。

夜はメイクや空気中の汚れなどが付着しているので洗顔料で洗います。こすると摩擦が生まれて乾燥しやすくなるので、たっぷり泡を立てて泡をクッションにして洗います。